野原たかし公式WEBサイト

HOME ご挨拶 プロフィール 政治方針と政策 野原たかしブログ 連絡先

■政治方針と政策
政治方針へ
「自然豊かな、心はぐくむ街づくり」
福岡市西区は、市内でも人口の増加率が高く、今後、ますます発展していく地域です。
西区内は都市部もあれば島・海・山などの豊富な自然や歴史・伝統もあるバランスのとれた地域です。この良さが後世に受け継がれるような調和のとれた街づくりを実施します。

1 「安全・安心な街」づくり
西区、福岡県の犯罪発生率は全国的に見ても高く、特に、青少年の犯罪率の高さは問題です。犯罪を未然に防ぐためにも、警察と地域の連携強化を図ります。
(1) 交番の増設・配置見直しによる地域との連携強化
(2) 違反車両等を含めた交通違反等の徹底取り締まり強化

2 「住みやすく快適な街」づくり
人口増加率が高い西区では、交通渋滞や交通機関の整備は皆さんが直面している大きな問題です。早急に主要道路の整備や地下鉄を有効に利用できるよう整備を図ります。
(1) 渋滞緩和に向けた主要道路の整備
(2) 地下鉄の延長(橋本〜姪浜間の早期竣工)

3 「子どもやお年寄りが生き生きと輝く街」づくり
これからの時代を担う子ども達がのびのびと暮らせる環境づくりやお年寄りが元気で長生きし、介護保険を不要とする健康づくり事業を推進します。
(1) 子どもがのびのびと遊べる運動公園の拡充
(2) お年寄りと子どもとの世代間交流事業の推進
(3) 介護保険を不要とする高齢者の健康づくり事業の推進

4 「自然に優しい街」づくり
これからの街づくりにおいて、重要なことは自然環境との融合だと考えます。自然環境を考えた街づくりを推進します。
(1) 自然環境を考えた、河川改修や農地・山林の活用
(2) ゴミ問題を考えた、リサイクル型社会の推進
(3) 都市部から発生するゴミ処理の広域的な処理体系の構築
(4) 年々汚染されつつある博多湾の環境汚染の改善
(5) 野生動物の保護を含めた動物シェルターの設置

5 「思いやりや優しさを育てる教育の街」づくり
教育は国の根幹であり、人づくりでもあります。目上の人を敬い、弱者を救えるような物の分別がつく道徳観や倫理観を育てます。また、心の教育をする上で、早くから動物との触れ合いも重要な事業だと思います。教育現場、学校、教育委員会が一体となって福岡県全体の事業として推進していきます。
(1) 県下一斉の「ヒトの心の教育」の推進
(2) 子どもと動物の交流ができる事業の推進

6 「地産地消の街」づくり
県民、市民の食生活において地産地消を推進することは、安心できる食品を確保するためにも必要なことです。そのため、地元の農業・漁業を育成・発展させることはとても重要なことです。
これからの農業・漁業を支えて参ります。
(1) 農業、漁業の健全育成事業の推進
(2) 地産地消の推進


このWEBサイトの全部または一部を無断で複製したり、複製物を頒布・公開などをすることはお断り致します。
Copyright © 2006 Takashi Nohara officia All rights reserved.